株主総会用にIR映像を制作することの意味

株主総会に置いて事業や売上表などを説明する際、動画と静止画では大きな違いといえば伝わる熱意が違います。静止画ですとどうしてもIR映像を海外に公開した場合、海外の投資家からは静止画では会社自体の熱意を感じることが出来ず、投資をしようと思えないため静止画ではなく動画のほうが質疑応答や株主総会自体の株主と企業の熱意みたいな物が見えるため動画を作り公開したほうが新しく投資企業を増やせるという名目に置いては株主総会用のIR映像を制作することは意味のある行為といえます。また動画だから出来るメリットとしては企業の強みをそのまま言葉に出し投資をしてくれる株主や企業の方にもアピールすることが出来るため静止画で企業を文字のみでアピールするよりも強い印象を与えることも出来ます。企業の印象を投資家の方々にアピールをして企業を知ってもらう上で動画での株主総会用のIR映像を制作することは大変意味があります。また、企業の業績などもイメージをしやすいといえます。業績の悪い企業ですとどうしても顔に出てしまいますが逆に業績の良い企業であれば顔に自身が溢れていますので企業としても投資家としても企業の業績などもイメージしやすくなるため株主総会用の動画制作をすることが企業にとってはプラスになります。