株主総会用の映像制作は遠くからでも分かりやすいものを

株主総会用の映像制作というのは、色々と重視しなければならない点があります。
まずは、分かりやすさです。
株主総会には、色んな人がいます。
熱心な人もいれば、なんとなく気が向いたから来たという人もいるでしょう。
ですが、一方の人しか理解出来ないような映像制作になってはいけません。
そこにいる人みんなが分かるような、分かりやすい映像にする必要があります。
映像制作だと、まずは完成することが重視されるかもしれませんが、見る人のことも考えないないと意味がありません。
それを考えると、分かりやすさもですが、遠くから見ても分かることが重要となります。
どのくらいの規模かにもよりますが、規模が大きなものだと、映像が見えない、見えたとしてもどんなかんじか全く分からないということが考えられます。
そうならないように、遠くからでも分かりやすい株主総会の映像を制作する必要があります。
文字を小さくしないとか、つめこまないとか、それだけで違ってきます。