最近の株主総会と事業報告映像のもつ意味

ひと昔前であれば、株主総会のイメージは、淡々と議事が進行し、株主からの発言もないというものだったかもしれません。緊張した雰囲気の中で進められており、株主にもなんとなく発言しにくい雰囲気があったといえるでしょう。最近では、株主総会の傾向が様変わりし、適切な情報を開示する開かれた場として、株主に期待されるようになってきました。
株主総会を構成する株主には、機関投資家、外国人株主、個人株主などが増えています。これらの株主は、議決権の行使に積極的な姿勢を見せ、株主総会に参加することが多いでしょう。会社としては、自社情報をオープンにして、株主に自社の魅力をアピールしなければなりません。その方法として、株主総会の事業報告映像の制作を行うことは、最適な手段だといえるでしょう。
やはり、株主総会で事業報告を魅力的に見せるには、映像という手段がマストです。グラフだけでなく、映像を見たほうが、株主の理解も早いでしょう。映像にして事業報告を行うと、業績がアップしていることや経営戦略などを、より魅力的にアピールすることができるのです。