株主総会で投資家の為のIR動画を制作後、得られる効果とは?

IR動画制作にあたり動画を制作し後悔することの意味ですが、投資家の方々に企業の体質企業の考え方、得意な分野に使用されている技術がどのような場所で役に立っているかなどをアピールする際、静止画で説明するよりもストーリー性を持たせる動画を制作し発表することによりより投資を得られやすいというメリットを引き出すことがIR動画制作にはあります。静止画ですと企業の活動内容、利益などを説明する文には動画よりも静止画のほうが説得力がありますが、商品やサービス技術などは静止画で判断するよりも動画のほうが投資家の方々に向けてPRした際印象に残りやすいためIR動画制作は投資家の方に企業の商品やサービスなど、どういった活動をしているのかなどの印象を与えるには情報量が多く、ストリー性を持たせた動画のほうが投資家の方もどういった企業なのかというイメージが残りやすいため投資家の目に止まりやすいという利点もあります。静止画でも同じ様に企業の活動内容、サービス等、どういった企業であるかの印象を残せますが動画よりも入ってくる情報量も少ない上、投資家の方にとって印象に残る映像を提供することが難しいため静止画よりも動画の制作が望ましいです。IR動画は投資家の方の目に止まりやすいため得られる効果としては投資をして貰うことが出来るか、投資をしてもらえなくても企業自体に興味を持ってもらうことができますので後に投資をして貰える確立も含めますと投資家の為のIR動画の制作をすることは意味を成す方法です。