企業が株主総会で使用するIR映像を制作する事の重要性

昨今の株主総会では、企業の現状を示す諸情報を、よりわかりやすく、より理解しやすく株主、投資家の方々に提供する為に、企業がIR映像を制作しそれをIRの一環として放映するというケースが増えてきています。以前ですと株主総会のIRといえば、大きなスクリーンにスライドで企業の首脳陣がプレゼンテーションしていく、という形が多く見られました。ただ、それは映像を使う場合と比べて、株主、投資家の方々へのプレゼン効果、アピール力は格段に小さいものでした。その点、映像の使用は桁違いの力を持ちます。IR映像を視聴してもらうことで、企業の多岐に渡る活動の現状をスムーズに、そしてシンプルに理解してもらえます。結果として株主、投資家の方々からのより深い、自社への信頼と理解を得ることにつながるでしょう。ですから、IR映像はクオリティの高いものが用意出来るに越したことはありません。そこで非常にお勧めなのが映像制作を外部に依頼する、という方法です。このような映像を専門に制作する業者がありますので、そういった所に外注し、こだわりの高クオリティIR映像を用意することは大変賢い選択と言えます。IR映像は株主総会を円滑に進める上でのキーとなる重要な要素と言えます。ですから、手間をかけてでも良い物を作る価値はあるのです。