株主総会にて映像制作によるIR動画は必要か否か

最近はどの会社も某大手企業の創始者のように大きな舞台上で新商品の発表や株主総会でのアピールなどを行っている。

とある企業の総会などはこれからショーでも始まるのかと言わんばかりにエンターテインメント制に飛んだことを行っていたりする。

ひと昔前の取締役たちが一堂に列をなして座って淡々と述べる時代は終わったのだ。
今現在そのような形の株主総会を行っている企業はあと数年もたないだろう。
古き良き時代は確かにある。しかしこと経済に関しては古いものは捨てられるのみ。

これからはウェットに飛んだ映像制作によって株主の心を掴み、その映像制作の過程で「IR」、すなわち株主(投資家)にむけての広報活動を行う必要があるのだ。

もちろんその企業に魅力を感じているからこそ株主は株を買い、総会に参加する。
しかしそこに株主の心を引き付ける何かがあれば企業はさらに飛躍するだろう。
その飛躍のためのアイテムが映像制作によるIR動画なのである。

企業の飛躍のためには「IR映像」は必要である。