株主総会用にIRの映像を制作する際に注意すべきこと

株主総会のIR映像を制作し公開する際、動画製作をする際に、注意すべき点は投資家の方に自社の会社のPRをするためにIR動画を作るわけですから必ずといってよいほど数字を扱います。数字とは業績であったり、新製品の販売台数であったり、製品の普及率であったりと様々です。この数字は企業の業績を図る上で投資家の方々には無くてはならない存在で間違いがあってはいけません。万が一IR動画製作に使用されている企業の業績や販売台数などの数字に間違いがあり過大に数字を記載してしまうと後に実際の数字と動画で公開された数字が違うと投資家の方々に判明してしまった場合、企業は投資家の方々から信頼を失いますし、数字が現実とIR動画で公開した数字と違うことを説明しなければなりません。説明できる範囲内の間違いであれば説明をすることで納得してもらえるかもしれないですが、納得しがたい間違いである場合、悪質性が認められると場合によっては訴えられることもあります。またIR動画を公開する際、プロジェクターなどの機器を使用して動画を公開することになりますが、動画を公開する際に使用する機器に対してもきちんとメンテナンスをして動画を公開する際、機器がきちんと動作できる状態に保っておくことも重要です。当日に何らかの機器トラブルで株主の皆さんにIR動画が公開することが出来ないという事にならないようにすることが重要です。