株主総会用のIRの映像制作が欠かせない訳とは?

株主総会用のIR映像の制作をしたほうがよい理由としては、株主や投資家と信頼関係を構築できるから、というものが挙げられます。株主や投資家は、企業に対して利益を求めるのはもちろんですが、最近ではそれ以外の理由を大切にしている人も増えています。たとえば、環境に配慮した製品を作っていることや女性が活躍する企業であることを評価する人もいるでしょう。それぞれの株主や投資家が、色々な観点から企業を評価するようになっているのです。
そのため、IRの映像を制作して自社が持つ様々な側面を紹介すると、多くの人から信頼を得ることにつながります。映像であれば、一度にたくさんの情報を盛り込めるため、IR用の資料としては映像が最適だといえるでしょう。映像制作を行うにあたっては、自社の魅力を十分アピールできるよう映像制作会社と相談することをおすすめします。外部の映像制作会社の視点を取り入れることにより、自社がもつ様々な魅力を引き出すことができるでしょう。