株主総会で投資家との新たなコミュニケーション「IR」を映像制作するメリットとは?

・はじめに
IR(インベスター・リレーションズ)とは、企業が株主や投資家などに、会社の現状を報告する活動です。具体例として、決算説明会説明会の開催、情報公開、工場や施設の見学会などの実施になります。
今回は特に、株主総会でIRの映像制作を行うメリットについて紹介します。

・1投資家の心に訴える
株主総会で、IR動画を使用します。そこで、自社の生い立ち、商品やサービスを開発した経緯。そして、企業として何を目指しているかのストーリーを盛り込んだ映像を流します。すると、より心に訴えることできます。

・2動画は訴求力が強い
たとえばテキストと写真のみのIRなら、自社の生い立ちや、商品開発の意図など説明的な部分は伝わります。しかし、熱意や人柄が、見えません。そこで、IRを動画にした場合は、動きと音声により、より企業の熱意や人柄が伝わります。
また、制作したIRを動画は、WEB公開にも利用できます。より効率的な訴求につながります。

・3 商品やサービスについて詳しく理解できる
IRを動画で、自社の商品やサービス、また事業について紹介すると、内容をより詳細に伝えられます。
役員、社員を、ストーリーにのせて紹介できます。
難しい事業内容も、解りやすく伝えます。
商品やサービスを利用している顧客の声を、紹介できます。
自社のブランド力を高めるため、プロモーションを行えます。

・まとめ
IR映像を制作することで、たくさんのメリットが得られることが解りました。なので、皆様もぜひ、IRを映像で行うことを、ご検討ください。