株主総会は映像を使用した方が株主の理解も得られやすくなるでしょう

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、これは株主総会にも当てはまります。例えば業績説明や見通しなどは、パワーポイントを用いて口頭で説明すれば足りるでしょう。しかし、会社説明など大まかな内容の場合はパワーポイントでは限界があります。作れなくもないですが、容量が膨大になってしまいますし、何よりもマンパワーがそこで大きく取られてしまうことになります。そこでおすすめなのが、映像を使用した説明方法です。
例えばメーカーなどの場合、工場や施設の紹介映像がより効果的になるはずです。サービス系職種であれば、オフィス内や店舗内を映像で見せるとより効果的になるでしょう。こういったことは、言葉でいくら説明をしても限界があります。そのため、こういった内容を説明する際には映像の方が良いのです。
ただし、映像であれば何でも良いというわけではありません。素人が制作すればチープなものになってしまいますので、やはりこういったものはプロにお願いをしましょう。プロであれば撮影から動画の編集、場合によってはナレーションも入れてくれます。やはり本物のカメラマンのスキルや、本職のディレクターの方が見せ方は知っていますからね。こういった力を利用すれば、株主総会でファン拡大を目指せますし、何よりも企業価値を上げることが出来るはずですよ。