株主総会用の映像制作の目的

株主総会用に映像を制作することの目的としては、広告宣伝が挙げられます。とくに一般消費者向けにジュースなどの飲料水や、お菓子、パン、自動車などを製造して販売している企業では、株主向けに事業報告映像を制作して放映するケースが多いです。
また、映像を制作するだけでなく、映像をDVDに焼いて、株主全員に会社資料と一緒に、お土産として配布する企業も多いです。このように、一般消費者が株主となっている企業では、株主総会の場を利用して広告宣伝に力を入れる企業も存在します。
また、業績や事業計画を説明するために映像資料を制作するという企業もあります。株主総会では、株主に対して過去1年間の事業報告を行う義務がありますが、以前は大半の企業が、社長が口頭で15分ほどの時間を費やして説明していました。しかし近年は、この事業報告の部分を、映像の放送による説明に代替するケースが増えています。ビジュアル化したほうが、どの事業部門が利益をあげていて、どの事業部門の業績が悪いのか一目でわかるため株主からも好評を得られているのです。