株主総会での事業報告の映像化は株主の期待を高める

動画を使った広告は、今や企業にとって欠かせない宣伝ツールです。
この動画制作を株主総会で利用することによって、企業のブランドイメージを高めていくことが可能です。
旧来の株主総会は口頭での説明であったため、インパクトに欠け、また話し手の伝え方や話し方によって理解度や印象が変わることもありました。
口頭による理解しにくい部分も、映像を使って説明すれば目と耳の両方からの情報を伝えることができ、参加した株主の理解や企業に対する注目度アップにもつながる期待が持てます。
株主総会の目的は株主に対する事業報告ですが、それだけではなく株主に対しての企業宣伝の場として大切な機会です。
株主が特別な人だけではなく、消費者として企業のサービスを利用する人が多い場合は、ここでの宣伝効果は大きなものになる可能性があります。
動画を使った株主総会を行う企業は増えており、動画制作にあたっては自社独自の工夫も必要です。
現在の事業状況は当然のこととして、将来に向けた企業ビジョンを映像で提示することにより、自社株の保有が将来的にも大きなプラスになることをアピールできます。
株主総会の動画制作においては、専門の動画制作サービス会社と綿密な打ち合わせを行い、株主に向けた強いメッセージを打ち出す動画の流れや内容について吟味することが大切です。