映像制作をして説明することで外部株主に与える満足度も大きくなる

企業で事業活動を行うのは役員や従業員です。しかし、企業の所有者は株主であり、原則役員や従業員ではありません。中小企業の場合は役員がそのまま株主であることも多いですが、ある程度規模の大きい企業の場合、外部株主も少なくありません。そのため、株主総会を開催する際、外部株主に満足感を与えるような説明が求められるのです。

そのようなことを実現するにはどのようにすればよいのでしょうか。それは映像を制作してそれを活用しながら株主総会で説明すると効果的です。たとえば、企業の活動歴や部署別ごとの売上や利益は、映像によって視覚的に説明したほうが外部株主の理解が深まります。企業の活動歴や部署別ごとの売上や利益は投資目的である人が多い外部株主にとって知りたい情報の一つです。そのため、映像制作をしてこれらの情報を説明することで外部株主に与える満足度も大きくなります。また、事業活動を説明する場合、インタビュー映像の制作を行うと効果的です。