株主総会用の動画を制作することで得られる効果

株主総会で、業績や今後の計画などを、動画を使って説明する企業が増えています。動画制作には入念な準備が必要となり、またクオリティも問われますが、それに見合うだけのメリットも大きいからです。
動画を使うメリットの一つは、文字やグラフ、写真を使った説明よりも、短時間で多くの情報を伝えられること。そして、見る側の集中力を保てるということです。
例えば、グラフを使った場合、静止画像のグラフを見ながら説明を聞くよりも、伸びや落ち込みが映像化されている方が飽きずに見ることができ、よりダイレクトに受け止めることができます。
最近では、モノよりコトを商品として売り出すことが増えています。新商品がモノであれば、図案を見せることで比較的簡単にわかってもらえますが、サービスなど、無形のコト出会った場合、文字と図案でわかりやすく伝えるのは至難の業です。そのサービスを使う消費者はどんな人でどんな状況か等を映像で見ることで、全く想像もしなかったサービスであっても理解しやすくなります。
映像表現を工夫することで、制作側(企業側)の熱意を伝えることも可能です。
株主が多様化している今、株主総会のための動画制作は、株主の支持を得るための欠かせない戦略の一つとなっています。