映像制作をして事業報告を行うメリット

株主総会は年に一回行われる株主への事業報告がメインとなりますが、最近では資料だけではなく映像を使った事業報告を行う会社が増えてきています。コスト面に関しては紙面などを減らすことや、これの配布などに関わる人員などの負担を減らすことなどのメリットもありますが、それ以上に動画などのビジュアル面での報告はインパクトが高く、深い理解をしてもらうことが可能です。

平たい文字よりは動画など視覚と聴覚を用いた動画の方が分かりやすいというメリットもあり、またストーリー性などを用いることも可能であり、ブランディングなどにも効果的となります。事業報告での映像制作は専門の映像会社に頼むとより良い作品が仕上がりますし、予算など色々な都合に応じてくれる会社もあるので調べてみましょう。事業報告は会社のこれまでの業績や歴史とこれからの将来性をアピールするという両面があり、これを一般の株主様へと分かりやすく伝えるためにも映像制作による事業報告がおすすめです。