訴求力あるIR用の映像を制作して株主総会参加者の心をつかむ!

株式会社が毎年、定期的に開催している株主総会は、株主あるいは投資家たちとその企業がお互いの意思疎通を行うことができる数少ない場面であるといえます。ですが、企業の経営動向やビジネスモデルについて説明することは、専門用語を多用するなど一般的には難解なものになりがちです。そのため、その企業から株主たちに対してのメッセージが正しく伝わらないという危惧もあります。具体的かつ正確、そして分かりやすく自社の情報を相手方に伝えるのに有効なのが、訴求力あるIRの映像制作なのです。
株主総会の開催直前というのは、会場全体がどこかピリピリとした緊張感に包まれるものです。そういった雰囲気を壊すためにはまず、IR動画の導入部分で株主総会参加者の心をしっかりとつかむことが大切です。具体的には、5分ほどの時間内に企業としてのビジネスモデルや業績の動向、未来像などをまとめて伝えていきます。ここで大事になるのはやはり、動画としてのクオリティーの高さではないでしょうか。