株主総会で映像を使うメリットについて

株主総会というと一般的なイメージは株主に対してそれまでの会社の業績を
社長が壇上に立って話すというイメージがあると思います。

なので特に株主総会で映像を使っていろんな説明を聞かされるというイメージを持っている人はあまりいないと思います。ですが意外と株主総会に行くと映像をたくさん使って説明をする会社というのがあります。

なぜならその方が株主総会に来てくれた株主達に分かりやすく会社の現状や今後の展望の説明が可能だからです。中には株主総会だから実際に口頭ですべての説明をした方が良いと思っている人もいるかと思いますが、映像を使って説明をした方が良いというのは多くあります。

なぜなら映像を使って説明をした方が直接口頭で説明するよりも言いたい事を伝えやすいというのがありますしまた株主もとりあえず映像が終了するまでは大人しく見ていてくれやすいという効果があります。

ですが逆に終始ずっと生で口頭で社長は話をしていても感情的になって話を最後まで聞かないという事もあります。なのでしっかりした映像制作会社が作った映像を株主に見せる事で思った以上に良い効果を発揮してくれるというのはあります。なのでとりあえず株主最後まで話を聞いて欲しい時は映像を使うのが良いです。その方が新しい提案も受け入れてもらいやすいです。

また、企業経営を行っていくうえで株主の人との関係は良好に保たなければなりません。そのため、通常毎年行われる定時株主総会を開催するにおいて、参加する株主の人に対して企業の魅力を伝えてよい印象を持ってもらう必要があります。株主総会に参加する株主の人によいイメージを与えるには、魅力的な株主総会映像を制作して、それを元に説明するのが効果的だといえるでしょう。

そこで、魅力的な株主総会映像を制作するにはどのようにすればよいのでしょうか。まずは、企業の魅力やビジネスモデルを誰が聞いても理解できるようなものにすることです。企業の詳細やビジネスモデルをただ単純に説明しても面白みがないので、株主側は魅力を感じてくれません。企業の魅力やビジネスモデルを説明する際、ストーリー性を入れたり、面白い要素を取り入れたりして株主の人がワクワクできるような感じで説明するのが効果的です。

また、株主総会に参加する株主のなかには、投資目的の人も少なくありません。そのため、投資家の欲しそうな情報を映像化して制作することも大切になります。